タンクの錆の落とし方って?

2009年10月04日

ふと原付のガソリンが残っているかどうかを確かめるためにタンクのフタを開けてみると、タンクの中がサビていた・・・こんな経験はありませんか?

その場合、まず、サビの進行具合はどのようなものでしょうか。
多少ぽつぽつと出てるくらいならば、特には気にせずにそのまま乗っても問題はないでしょう。
ただ、全面が真っ赤・・・というのであるならば、サビ取りをしてやらないといけないですね。。

ではその場合、どのような修理・処置を施せばよいのでしょうか?

まず“サンポールを使用するとサビがとれる”という説があります。
しかし、サンポールでもサビは落とせることは落とせますが、これはサビの下の金属を溶かすことでサビを取るわけで、サビ取り後は金属部が剥きだしとなり、サビが新たに出やすくなるんです。
また、繰り返し使用することでタンクに穴が開くことも考えられますので、あまりオススメはできません。

ではどうすればいいのか?
やはりここは市販のタンククリーナーを使用するのが良いと思います。
オススメは「花咲かG・タンククリーナー」(ミルウォーキー)というものですね。
1000mlのもので5000円と若干値段は張りますが、値段以上の働きをしてくれます!
また、環境にも優しいですしね。
勿論、サビ取り後の酸化防止皮膜形成もしてくれますよ。

ちなみにこのクリーナーはヤマハの純正指定になっています。
なので、ヤマハ取扱店にて注文も可能ですよ。

サビが気になるようでしたらこの修理法を是非試してみてください。



Posted by deka at 21:13