原付のエンジントラブル・YAMAHA車種編

2009年09月10日

原付で走行中にエンジンが止まった場合、その車種によって原因が起こる箇所が頻繁に違うようです。
では、YAMAHAの原付について原因や故障箇所、修理箇所などを書いてみます。

YAMAHAの代表的な原付といえば、ジョグやビーノ、アプリオなどが挙げられますね。
これらの車種のトラブル発生原因順位は、一番多いもので燃料系の故障、次いで電送系の故障、3番目に多いのは焼き付きですね。

燃料系の故障ですが、とにかくこれらの車種は故障個所が多いんです。
特に燃料ポンプなどは5台に2台は壊れているんですよね。
とにかくガソリンタンクの場所が悪いのです。
なので、タンクに水が入りやすいようです。
燃料フィルターに錆が貯まって、燃料量が低下し、エンジンが止まってしまう・・・などという現象は日常茶飯事ですね。
詰まりかけは、全開時に失速します。

電装系の故障に関しては、突如前触れもないまま、電装のパーツが壊れたりします。
CDI、レギュレーター、ダイナモ、断線・・・このような感じでかなりの確立で壊れます。
接触不良も多いですし、プラグキャップが外れることも多い車種ですね。

焼き付きはガソリンタンクから水が浸入してしまうことが一つ。
あと、インテークマニホールドの破損で水を吸ってが一つ。
また、オイルホースの引っこ抜け、ちぎれなどで一つ。
ピストンピンが外れたしまったケースも見かけられることがあります。

これらの故障が起こった場合はしっかり修理や交換などの処置を行っていきたいですね。
  


Posted by deka at 22:40